ホワイトスポットとは?その原因とホワイトスポットの豊富な治療例を紹介します

実際の治療例1

エナメル質形成不全が原因のホワイトスポット

治療前

中学生の患者さんです。学校の歯科検診で、白い白濁は、エナメル質形成不全と言われました。近所の歯科医院へお母さんと一緒に受診したのですが、その白濁はその部分を削らないと治らないと言われました。

他の歯は健全に保っているし、お母さんが歯を削ることに反対だったため、当医院を受診されました。

治療後

乳歯が永久歯に代わる時にエナメル質がうまくできなかった事が原因で出来る「エナメル質形成不全」によるホワイトスポットの場合、当医院では、プラズマレーザーでの歯質強化改善治療とオーラループ(※)を併用して、歯を削らないでエナメル質を再生させる治療を行います。

治療期間として設けた3週間の間、ご自宅で毎日マウスピースにオーラループを入れて就寝していただくことで、エナメル質がだいぶ再生され、ホワイトスポットはかなり薄くなりました。写真は、プラズマレーザーとオーラループを併用した治療を3回繰り返して2ヶ月経った状態です。近影すると、うっすらと白濁がわかりますが、普段の生活では全くわからなくなり、ご本人も親御さんも満足されています。(費用と注意事項)
 

※オーラループについて詳しく読む

ご相談はメールでお願いします

ホワイトスポット治療に関するご質問やご相談はもちろん、歯槽膿漏、歯周病のお悩みや、ひどい虫歯、抜歯しない治療法などについてお聞きになりたいことなど……。

歯にまつわるご相談でしたら、ドクター天野が承りますのでお気軽にメールしてください。

ホワイトスポット治療室・院長Dr.天野

米国マーケット大学歯科修士課程卒業
マスターオブサイエンス米国補綴歯科学会認定医

診療案内

診療日
 
午前 ×
午後 × ×
診療時間

平日 9:30~13:00/14:00~18:00
土曜 9:30~13:30 ※月2回/完全予約制

院内の様子