ホワイトスポットとは?その原因とホワイトスポットの豊富な治療例を紹介します

ホワイトスポットとは?

歯の表面の白い斑点は、ホワイトスポットと呼ばれています 。ホワイトスポットには、歯の表面のエナメル質が酸性になることによって、エナメル質のカルシウム成分が少なくなり、脱灰という虫歯の初期症状を起こして、白濁してしまうものと、エナメル質形成不全という歯ができる時に起こる白濁、そして遺伝的な要因で起こるものとに分類されます。

幼少期の歯の成長不全によるもの

人間は、生後から8歳くらいまでの間が、骨の中で歯を作る「エナメル質」を形成する時期にあたります。この発育時期に、病気、発熱、ビタミン不足、栄養障害、ホルモン異常など、なんらかの全身的な障害が起きると、歯のエナメル質が白く濁って見える歯のフッ素症 (斑状歯) が起きることがあります。また、病気とは別に、この時期に、居住地域の水道水のフッ化物濃度が原因で、歯が白くなることがあります。つまり、高濃度のフッ化物を含む飲料水を継続的に飲用した場合などです。これは、歯のエナメル質をつくるエナメル芽細胞という細胞が、フッ化物に敏感に反応し、障害を起こしてしまうことによります。歯の表面を覆うエナメル質は、フッ化物に弱い性質をもつため、フッ化物の過剰摂取が続くと体のほかの組織には異常が全くみられなくても、歯が白くなる場合があるのです。
また、白濁が一本や二本の場合、原因として考えられるのは、乳歯の虫歯が炎症した場合や、乳歯が外傷をうけた場合、のちに生え変わる永久歯に影響が出てしまう場合です。乳歯の虫歯や外傷は、乳歯だからといって軽視せずに適切な対処を受けることが大切です。

初期虫歯によるホワイトスポット

誰にでも起こる可能性のあることとして、甘いものの食べすぎや、歯磨きがしっかりと行われずにプラークがたまっているお口の中では、虫歯菌であるミュータンス菌が糖から酸をつくり、お口の中が酸性に傾いてしまうことで歯の表面が酸にさらされて、表面のエナメル質に含まれるカルシウムが溶け出してしまい、ホワイトスポットができてしまうことがあります。これが初期虫歯といわれるものです。

遺伝的な要因のホワイトスポット

遺伝によってホワイトスポットができることもあります。遺伝が原因の場合、乳歯だけでなく永久歯のすべての歯に形成不全がでてしまい、歯の表面が不透明で白濁する、または茶色っぽくなっているなどの症状が見られます。遺伝的要因によるホワイトスポットは、一定数の学童に認められるもので、決して珍しいものではありません。症状が重い場合は、エナメル質の表面に帯状のくぼみや不規則な欠損を生じ、エナメル質の大部分が形成されないこともあります。

ご相談はメールでお願いします

ホワイトスポット治療に関するご質問やご相談はもちろん、歯槽膿漏、歯周病のお悩みや、ひどい虫歯、抜歯しない治療法などについてお聞きになりたいことなど……。

歯にまつわるご相談でしたら、ドクター天野が承りますのでお気軽にメールしてください。

ホワイトスポット治療室・院長Dr.天野

米国マーケット大学歯科修士課程卒業
マスターオブサイエンス米国補綴歯科学会認定医

診療案内

診療日
 
午前 ×
午後 × ×
診療時間

平日 9:30~13:00/14:00~18:00
土曜 9:30~13:30 ※月2回/完全予約制

院内の様子